ホーム > 観光ガイド

桜門橋と大手門

姫路城の表玄関となっている大手門を潜り抜けると直ぐに正面に動物園が。左手に三の丸広場とその向こうに建つ天守が目に飛び込んできます。この状態は多くの観光客や車両が出入りするには良いですが、城の防御の面から考えると余りに貧弱です。

桜門橋と大手門 大手門

スポンサーリンク

実はここは江戸時代の様子とは大きく変わってしまっています。下の絵図にあるように、当時は三つの門(桐一門、二門と桜門)と石垣を組み合わせた二重枡形虎口となっていて、通り抜けるには180度の方向転換を強いられる構造になっていました。しかし、城としての役目を終えた後、それらは取り壊され、桜門の前の橋も無くなり濠は埋められました。

城内に往時の姿を留める門は多くありますが、今ある大手門は桐ニ門があった場所に1938年に再建され物で、しかも桐ニ門を忠実に復元した物ではないようです。

大手門絵図
大手門絵図

姫路城 桜門橋 さくらもんはし 案内板

濠と橋は2007年2月に再建が完了しました。事前に埋められた濠の発掘調査を行い、得られた橋や石垣の跡を活かした造りになっています。

橋の長さ二十二メートル、幅員七メートルで、総事業費約二億円。鉄筋コンクリート製の橋ですが、全体にヒノキの化粧板が張ってあって、外観は木でできた橋のように見えます。

完全な木橋の復元を求める意見も出ましたが、大型車両の通行などを考慮して鉄橋になったようです。

桜門橋の近くに「国宝姫路城 特別史跡 姫路城跡」と彫られた大きな石碑が置かれています。姫路市長戸谷松司書だそうです。

国宝姫路城

武者溜り

桜門橋の前から好古園の入り口付近まで、武者溜りと呼ばれる大きな広場があります。

武者溜り

スポンサーリンク

観光ガイド