ホーム > 門跡

埋門跡

埋門(うずみもん)跡は、姫路城の南側を東西に走る国道2号線と、姫路城の西を南北に流れる船場川が交わるところにあります。天守閣から見て、中曲輪と呼ばれる中濠で囲まれた地域の南西端になります。

埋門跡

埋門には外門と内門があったようですが、現在は石垣だけが残っています。高さは6メートルくらいあるでしょうか。

しかも、国道2号線に沿って整備された歩道に石垣の一部が張り出すような容になっていて、その分だけ歩道が狭くなっています。通行の便より石垣の保存を優先したようです。

また、案内板(下の写真)には当時の埋門がイラストで紹介されていました。中曲輪の南西端ということで、このイラストでは門の南と西側に中濠が描かれています。

現在、南側の濠は埋められ国道2号線となっています。西側の濠もこの埋門跡から少し北の車門跡まで埋められています。

埋門跡案内板

スポンサーリンク

姫路城の門跡